沖縄タイムス+プラス ニュース

那覇の“台所”公設市場が生まれ変わる!?  19年度解体→22年度新オープン、市が方針示す

2017年2月16日 16:45有料
9秒でまるわかり!
  • 牧志公設市場は2019年度一時移転、22年度に現在地に新設する計画
  • 市が方針を説明。3階建てで1階にトイレ。運営は民間委託を想定
  • 家賃を低く設定するため現在と同じ年2千万円の赤字になる見込み

 那覇市は15日、老朽化のため建て替える第一牧志公設市場の再整備について、現在地に3階建ての新市場を建設し、2022年度に供用開始する方針を示した。一時移転先の「にぎわい広場」(同市松尾)で18年度に仮設店舗を整備し、19年度に引っ越して営業を継続し、現市場を解体。

ありがとう牧志公設市場 ウェブ写真館
1960年代から現在まで、本紙が取材で撮影した写真を多数掲載しています。心に刻みたい沖縄の風景、こちらからチェックできます。

 
連載・コラム
記事を検索