米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が訓練用の熱源体「フレア」を誤射した事故の原因について、米軍は8日、「着陸時にパイロットが安全装置をかけていなかった人的ミス」と明らかにした。

嘉手納基地

 沖縄県の嘉手納町や北谷町、沖縄市でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)」会長の野国昌春北谷町長らが同日、同基地第18航空団を訪ねて事故に抗議。再発防止を要請し、対応した同航空団司令官のデイビッド・エグリン准将が明らかにした。

 野国町長によると、エグリン准将は事故による人的、物的被害は確認されておらず、事故を受けてF15の全パイロットに操作ミスがないよう指導したと語った。

 誤射した場所については特定できていないとしながらも、エグリン准将は「基地の上空ではないかと思う」との推測を述べたという。野国町長らは「万が一民間地に落下したら大変なことになる」と場所の特定を求めた。事故の通報遅れについて、エグリン准将は「連絡体制をあらためて確認したい」と答えた。

 野国町長らは、同基地への度重なる外来機の飛来をやめるよう求めたが、エグリン准将は「通常の訓練の範囲内のものだ」との認識を示す一方、「地域住民に負担をかけることがあってはならない」とも語った。