沖縄防衛局が実施する辺野古ダムのボーリング調査に関し、沖縄県名護市が防衛局から取得した市所有文書の開示について、名護市情報公開・個人情報保護審査会(島田考人会長)は渡具知武豊市長に対し、市が行った公文書一部公開の決定を取り消し、全部公開を求める答申をした。6日付。

 沖縄平和市民連絡会の北上田毅氏が昨年12月、市情報公開条例に基づき、ボーリング調査の単管やぐらの形状や構造が分かる文書を公開請求。市が大部分を黒塗りにして開示したことに異議を申し立て、審査を求めていた。一部公開された文書は...