沖縄タイムス+プラス ニュース

辛淑玉さんの活動「外国人が先頭、どうか」 沖縄・南城市長

2017年2月5日 05:00

 沖縄本島南部・南城市の古謝景春市長が3日、昨年の参院選比例代表に出馬した県内男性のフェイスブック(FB)上で、のりこえねっと共同代表の辛淑玉さんの政治活動について「日本人の苗字に辛は見たことないけどなぜ!?沖縄県の政治的な活動の先頭に立っているの!?」と疑問視する投稿をしていたことが4日、分かった。
 男性は3日、東村高江でのヘリ着陸帯建設工事反対運動についてフェイスブックに「(辛さんが)行動を指南する動画が見つかりました」と記載、古謝市長が投稿した。
 古謝市長は4日、取材に対し「外国人が日本の政治に意見を言うのは分かるが先頭に立つのはどうか。投稿は、FBの男性に(辛さんが)どういう人か問い合わせたもの」と答えた。
 辛さんは「政治活動は国籍で規制されるものではなく、ある特定の問題について発言していい、だめと決める権利はないはず」と批判し「地域で影響力の強い首長が書き込むと、そういう発言をしてもいいことになる」と懸念した。

古謝景春南城市長

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間