プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が11日、東京都内で開かれ、亜細亜大の岡留英貴投手(21)=沖縄尚学高出=が阪神から5位で指名を受けた。「阪神は意中の球団。素直にうれしい。理想は西武の平良海馬投手のような、けがをせずに結果を残せる選手」と喜びを語った。

阪神から5位指名され、プロでの活躍を誓う亜大の岡留英貴投手=11日、東京都・同大学(小笠原大介東京通信員撮影)

 岡留投手は糸満市出身で身長180センチ、体重87キロの右投げ右打ち。亜大でオーバースローからスリークオーター、サイドスローへと転向し、今春には最速150キロをマークした。スライダーやカーブ、カットボール、ツーシームも駆使し、角度と高低差のある投球で打者を打ち取るのが持ち味だ。

 大学では主に中継ぎとして起用され、今季の東都大リーグでは3勝1敗の成績を残している。沖尚高では現ソフトバンクのリチャードと同期で活躍した。