高校野球の第71回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・沖縄タイムス社、琉球放送)第7日は10日、コザしんきんスタジアムほかで3回戦残り4試合を行った。北山、前原、KBC学園未来沖縄、沖縄尚学が勝利し、8強が出そろった。

 北山は0-0の二回表2死一、二塁、仲里龍喜の中前打で先制。さらに2死二、三塁、仲里琉清の左前打で2点を追加し、その後も七、八回に1点ずつを奪った。

 投げては先発の知念夢翔が3安打2失点と完投し、那覇を5-2で破った。

 KBCは具志川商業に10-3の八回コールドで勝利。沖尚は嘉手納に7-0で、前原は糸満に11-4でともに七回コールド勝ちした。

 大会第8日は16日、同球場ほかで準々決勝4試合を行う。

 ▽3回戦

北山030000110=5

那覇000002000=2

(北)知念-仲里琉

(那)上原、池原-安室

▽二塁打 仲本(北)

[スポット]3連続完投 試合を重ね手応え

 北山はエース知念夢翔が3安打10奪三振と好投し、那覇を5-2で破って44年ぶりに秋季8強入りを果たした。

 知念は「一番自信があるボール」と語るキレのある...