沖縄県警監察課は13日、那覇市前島の住宅街で面識の無い会社員男性(29)の顔面を殴り全治日数不詳のけがを負わせたとして、宜野湾署勤務の男性巡査長(25)=宜野湾市=を傷害容疑で緊急逮捕したと発表した。「酒に酔って覚えていない」と容疑を否認しているという。

(資料写真)パトカー

 同課によると13日午前0時すぎ、「酔っぱらいに殴られた」と110番通報があり、駆けつけた警察官が現場から約170㍍離れた路上で男性巡査長に職務質問し逮捕した。巡査長は酒に酔った状態で同僚と待ち合わせをしていた会社員の男性2人に近づき、突然1人の尻を足で蹴り、止めに入ったもう1人の顔を殴ったという。その後、徒歩で立ち去ったという。

 男性巡査長の飲酒状況について監察課は「今後の調査で明らかにしていく」とし、「法令を順守すべき警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾であり、被害者および県民の皆様におわび申し上げます」とコメントした。