沖縄タイムス+プラス ニュース

山城議長勾留「人質司法」の批判免れない 大田朝章弁護士

2017年2月17日 15:05

 山城博治議長は、誰かに恨みがあって事件を起こしたわけではない。表現の自由という、憲法上認められた権利を行使する途中で起きた事案だ。凶悪事件ではないのに、長期の勾留が続くことを危惧する。 勾留判断では、裁判官は検察官の意見に流されやすい。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気