来年の復帰50周年の関連取材で、竹富島の美しい赤瓦屋根の景観が復帰をきっかけに守られるようになったことを知った。リゾート開発を見越して土地を買い占めた本土業者に対して、住民たちが「土地を守ることは伝統文化を守ることにつながる」と抵抗し、買い戻した。あれから49年。