「早く行きたければ一人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め」。誰が最初に使ったのか正確には分からないが、アフリカのことわざらしい▼気候変動への取り組みを訴える米国のアル・ゴア元副大統領が、2007年のノーベル平和賞の受賞時に語ったことで知られる。