【北京共同】中国国務院(政府)台湾事務弁公室の馬暁光報道官は13日の記者会見で、台湾周辺での軍事活動の狙いは「台湾独立」と「外部勢力」の介入を阻止することにあると述べ、正当性を主張した。