日本製鉄は14日、同社が持つ電磁鋼板に関する特許を侵害されたとして、トヨタ自動車と中国鉄鋼大手の宝山鋼鉄を同日付で東京地裁に提訴したと発表した。両社にそれぞれ約200億円の損害賠償を求めている。特許侵害の疑いがある電磁鋼板を使ったトヨタの電動車について、日本国内での製造と販売を差し止める仮処分も申請した。

 日本製鉄の看板

 日鉄によると、特許権の侵害で自動車メーカーを訴えるのは同社として初めて。取引関係が深い業界トップの企業同士が、訴訟に陥るのは極めて異例だ。トヨタは同日、特許への抵触がないことを製造元に確認しているとして「訴えられたことは大変遺憾だ」と反論した。(共同通信)