人の「純粋な悪」を試す社会実験を描いた異色のミステリー小説「スイッチ 悪意の実験」で鮮烈なデビューを飾ったのが今春。それから半年を置かず、第2作「時空犯」(講談社)を刊行した潮谷験さん。謎解き、SF...