[瀧澤信秋,ITmedia]

 コロナ禍で需要が激減しているとはいえ、旅をする者にとってやはりホテルは身近な存在だ。ネットなどで目にするホテルの料金は、基本的に需給に応じ変動している。インバウンドが活況を呈していたころならば、シンプルなビジネスホテルでも1万円以上という表示も珍しくなかった。

 需給に応じて収益の最大化を図るのはビジネスとして当然であり、乱高下する料金とはいえ“まぁそんなもんだろう”と受忍してきた人も多いのではないか。

(画像はイメージ、画像提供:ゲッティイメージズ)

 そんなホテルの料金変動が、コロナ禍で低水準に推移していることは周知の事実だ(一部例外を除いて)。供給過多になれば、他のホテルよりも料金を下げて予約の流入を図ろうとするのは当たり前とも思えるが、中には極端な例も散見される。

 需要が逼迫していた頃は1万円ほどしていた都市部のあるビジネスホテルが、2500円のプランを出していたのを見たときは“隔世の感”すら覚えてしまった。

 そんな低価格の設定を多く見かけるようになって、ふと考えてしまうのが“ホテルの原価”だ。原価といっても不動産価格といった億単位の話でなく“ホテルが1泊1室提供するためにかかる費用はいくらか”という意味での話だ。本稿ではこれらを「ホテルの原価」とする。背に腹は代えられないとはいえ、こんな安い料金でホテルはやっていけるのか? というのも単純な疑問だ。

 原価と聞いてまず思い浮かぶものはアメニティー類だろうか。ビジネスホテルであれば歯ブラシにカミソリだけといったシンプルなケースは多いが、高級ホテルともなれば多種多様。ミニボトルに詰められた高級ブランドのシャンプーやコンディショナーといったものから、化粧品類までそろうことも。

 アメニティーばかりではない。交換するシーツやピローケース、タオルのコストはもとより、清掃スタッフの人件費も気になるところだ。

アメニティーが充実した高級ホテル(筆者撮影、本文と写真のホテルは関係ありません)