胃心地いいね

「これ一つでやってきた」 自慢の手作り中華まん 売り切れ続出

2021年10月15日 08:24

[胃心地いいね](647) 琉球ぱおず 那覇市首里鳥堀町

一押しメニューの「せいろ四点盛り」(税込み980円)

「引退後は、子どもたちを集めて肉まん作りの体験学習がしたい」と夢を語る琉球ぱおずの内間由彦さん=5日、那覇市首里鳥堀町

琉球ぱおず

一押しメニューの「せいろ四点盛り」(税込み980円) 「引退後は、子どもたちを集めて肉まん作りの体験学習がしたい」と夢を語る琉球ぱおずの内間由彦さん=5日、那覇市首里鳥堀町 琉球ぱおず

 丹精込めて一つ一つ手作りする「中華まん」は、野菜もふんだんに入った健康志向の一品。濃すぎない味、食べた満足感もある仕上がり。沖縄県那覇市首里鳥堀町で沖縄点心・中華まんCAFE「琉球ぱおず」を営む内間由彦さん(55)は「健康を重視した食の提供」をモットーとする。

 宜野湾市出身の内間さんは、県外大学を卒業後、13年ほど不動産・建築関係の会社員として全国を転々とした。38歳で沖縄に戻り、専門学校職員として働いた。中高生に向けた職業講話で夢を持つことの大切さを話すうちに「私はこのままでいいのか」と自らが感化されたという。

 飲食業をやろうと43歳で学校職員を辞め、調理師学校に1年通い調理師免許を取った。和洋中とさまざまな料理に触れる中で「中華まんが作っていて一番しっくりきた」。中華料理の見習い、妻の妹の喫茶店開業を手伝うなどノウハウを積み、脱サラから2年余りで「琉球ぱおず」をオープン。店は今年7月で10年目を迎えた。

 「これ一つでやってきた」と誇る中華まん(税込み250円)は、豚肉にいなむどぅちみそを合わせ、甘みを持たせる。1日で作るのは30個程度で、売り切れる日がほとんどだという。那覇市健康づくり協力店認証メニューの「せいろ四点盛り」(同980円)は、中華まんに4種のシューマイとスープ、サラダ、デザート付きで計595キロカロリーの看板メニューだ。

 「周囲の応援なくして今の店はない」と感謝する内間さん。「これからも健康を意識した食を提供する」と意気込んだ。(那覇担当・勝浦大輔)

 【お店データ】那覇市首里鳥堀町1の46の2。現在は午前11時半~午後8時の時短営業中(通常営業は午後10時まで)、日曜・祝日は午後5時まで。月曜定休。駐車場は店横に無料1台、近隣に有料駐車場あり。スープ、サラダ以外は持ち帰り可。電話098(943)7950。

  連載「胃心地いいね」の記事をまとめたグルメサイトの試験版がこのほど、開設された。サイト名は「Dikitoon.com(ディキトーン・ドット・コム )」。2003年の企画開始からの過去記事のうち約250件を掲載。地図検索もでき、現在地から近い飲食店も探せる。利用者の反応を見ながら、改善を続け、完成を目指す。アドレスは https://www.dikitoon.com/

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
新春 TOP INTERVIEW 2022
新春 TOP INTERVIEW 2022
沖縄経済の第一線で活躍する企業・団体の経営者に、新たな年を迎えるにあたっての抱負や展望、変化の激しい時代を見据えた今後の事業展開、地域貢献への思いなどをうかがいました。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
「特産品」はもちろん、観光や歴史を堪能できる映像コンテンツをお届け。2月4日から。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
フルカラーキャンペーン1カ月延長!
フルカラーキャンペーン1カ月延長!
2021年11月から実施の「フルカラーキャンペーン」の応募締め切りを、好評につき2022月1月31日(月)まで延長!「フルカラー賞」の各当選数を2倍にアップ!!
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
新聞から得るジンブンはビジネスの最強ツール!新入社員研修やOFF-JTにNIB講座「新聞の読み方講座」はいかがですか?
第73回沖展 作品募集要項/出品目録
第73回沖展 作品募集要項/出品目録
沖展2年ぶりに作品募集します。沖縄県内最大の美術工芸公募展として歴史と伝統のある沖展に奮ってご応募ください。意欲ある作品を期待します。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。