沖縄県金武町の地下水源から有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)が高濃度で検出されている問題で、在沖米海兵隊は14日、予備的な調査で「基地内の発生源を特定することはできなかった」と発表した。調査内容を明らかにしておらず、県幹部は「根拠が分からない」と批判した。

 海兵隊は...