台湾出身で日本に暮らした経験もある著者による本書は、中国や韓国における「反日主義」、およびそれと対を成すものとして理解されている台湾の「親日主義」を、映画や小説といった大衆文化の分析を通じて論じようとするものである。