名護市辺野古の新基地建設に伴い沖縄防衛局が移植したサンゴを15日、日本自然保護協会とヘリ基地反対協議会が調査した。辺野古漁港沖合と大浦湾の2カ所で、写真撮影やサンゴの大きさ、移植場所の広さを計測した。

 漁港沖合の海草藻場に点在する岩場に移植されたキクメイシの近くには、目印と思われるくぎが打たれていた。切り取られたのか角張った個体も多く、...