名護市辺野古の新基地建設に伴うサンゴ移植で、県による許可撤回の取り消しを沖縄防衛局が農水相に求めた審査請求を巡り、県は15日、審理員に「防衛局はサンゴ類の生残可能性を低下させる恐れを認識していたのに、移植を始めており適切ではない」と主張する意見書を提出した。