県脊髄損傷者協会の仲根建作理事長と那覇市身体障害者福祉協会の高嶺豊会長は14日、沖縄総合事務局を訪ね、首里城復元に伴うバリアフリー対策に、当事者の声を反映するよう求める要望書を提出した。