WEBオリジナル記事

早くも3刷「沖縄さかな図鑑」が売れている 下瀬環さんが図鑑を作ろうと思った理由

2021年11月13日 06:30
【写図説明】下瀬環著『沖縄さかな図鑑』(沖縄タイムス社、1980円)

  「沖縄県の釣魚・水産物がほぼすべて分かる」と銘打った『沖縄さかな図鑑』(沖縄タイムス社、1980円)が売れている。734種を掲載。魚そのものの学術的な分類はもちろん、漁法や地元での呼び方・食べ方などの豊富な情報が支持され、2021年4月の販売開始から、10月に3刷を発行するほどの人気だ。著者の下瀬環さん(41)=水産研究・教育機構水産資源研究所長崎庁舎勤務=は、「情報を普及させ、水産物としての沖縄の魚の価値を高めることが、図鑑を作った動機の一つ」と話す。そこには沖縄の魚と、魚に関わる人々への深い思いがあった。(出版コンテンツ部・城間有)

ウェブを通してインタビューに答える下瀬環さん

―下瀬さんは琉球大学に入学してから、沖縄の魚類の研究を始めたと聞いています。きっかけは何ですか?

 実家は山口県萩市の海の近くにあって、父親と釣りに行ったり、家に魚売りの人が来るなど、小さいころから水産物としての魚は身近な存在でした。琉球大学に進学したのも、中学生、高校生の時によく釣りをしていて、釣り雑誌などの影響から、沖縄で釣りをしたいと思ったことが一因かもしれません。大学での卒業研究は、趣味の釣りとは違うものにしたいと考えていましたが、結局は魚類の研究室に入り、釣りで得た知識を研究に役立てることになりました。そこから大学院に進学して、研究にのめり込むようになりました。

―何にいちばんひかれたのですか?

 釣りをやっていると、大物を釣ったときに、何年ぐらい生きたらここまで大きくなるのかな、と興味を持つ人は多いと思うんですが、卒業論文のテーマにしたのがまさに魚類の年齢査定でした。一番高齢で24歳という結果がでてきて、そのころ私はまだ22歳だったので、自分より年上の魚の年齢査定をしていたという驚きがありました。釣れる魚も、調べてみるといろんなことが分かるんだと楽しくなりました。著者紹介の欄には、ニセクロホシフエダイの幼魚の写真をプロフィール写真代わりに掲載していますが、これが初めて研究対象にした魚です。その後はクロカジキ、クロマグロと、わりと注目度の高い魚種を研究していましたが、思い入れのある魚はやはり「やまとびー(ニセクロホシフエダイの沖縄名)」です。

プロフィール写真には、下瀬さん自身の顔の代わりに「やまとびー」が


―図鑑の写真は全部下瀬さんが撮影したのですか?

 写真は数えたら1066点ありましたが、すべて自分で撮りました。市場の魚を撮りためて、自分や家族、友人が釣った魚の写真も加えました。写真がないけどどうしても図鑑に載せたい種類は、漁業者に「獲ってきてください!」と頼みました。みなさん本当によく協力してくださいました。

 特にカジキ類やマグロ類は、ひれがきれいに開いていて、ロープなどの余計なものが写っていない全身写真は海外を含めてもあまりないと思います。

―情報の豊富さが魅力の図鑑ですね。

 自分自身が釣り好きなので、釣り人に知っておいてもらいたいという情報をたくさん入れました。例えば釣り人は、漁業に興味はあっても漁法を知らないのではないかと思い、沖縄県の漁法を解説しています。また、私自身が県外出身なので、水産物の地方名―みーばい:目が張る(めばる)という意味で、ハタ科魚類の総称―など、沖縄に来て覚えたことをできるだけ掲載しています。

 また、釣り人は釣った魚を大きく見せたいものですが、全長を測る時は尾びれを閉じるけれど、身のふくらみに沿わせてはいけないとか、後から魚種を調べたいときには写真は斜めからではなく真横から撮る、などの注意点を書いています。

漁法や魚の大きさの測り方も詳しく解説

―地元の呼び方や食べ方に注目しているのはなぜですか?

 図鑑を作ろうと思った動機の一つに、魚食普及というか、地元の魚を知ってもらって愛着を持ってもらいたいという思いがありました。

 沖縄県民が知っている県産の水産物というのは、まぐろとぐるくん、そしてもずくぐらい。沖縄のこどもたちに好きな魚を聞いたらまぐろかサーモンという答えが多いときいて、サーモンのような外国産・県外産の魚じゃなくて、地元のものも大事にしてほしいと思いました。地産地消を促進するのも大切だと思います。

 市場で調査をしているときに変わった魚がいると「これ何?」と聞かれることが多いんですが、名前だけじゃなくて由来や特徴を教えてあげるとみなさんすごく喜んでくれて、こちらも調子に乗ってたくさんしゃべるという経験を何度もしました。このような情報を図鑑に入れておけば誰でも同じ喜びを味わうことができるだろうと。

 魚の価値を高めるというねらいもありました。八重山では、魚はたくさん捕れますが、大きな市場が近くにないため価格が安いんです。漁業者の不満を聞いて、何とか改善できないか、高く売るためにはどうしたらいいかと考えました。沖縄の魚は食用としてあまり魅力がないという意見が多いと思いますが、観光客にとっては味というよりも、「緑の魚を食べた!」、みたいな思い出が付加価値になると思います。例えば居酒屋の店員さんが、魚についてのうんちくを語ると、観光客の満足度も高まると思うんですよね。そういうのにも利用してほしいです。情報を普及させることで、水産物としての魚の価値を高めることができると思います。

「いらぶちゃー(ナンヨウブダイ)」が掲載されているページ

―魚そのものというより、魚にかかわる人々への思いの深さを感じます。

 漁業者はいろんなことを知っているので、話を聞くと勉強になるし、おもしろい。そうして集めて蓄積した知識をこの本にどんと入れました。

―実はこれがすごい、というポイントは?

 カジキ類とマグロ類の写真が全種入ってるというのが自慢です。また、市場には魚以外の水産物もあるので、魚類以外を入れるのにもこだわりました。イセエビ類も種類がいくつかありますし、ノコギリガザミ類には3種いるというのもちゃんと写真付きで載せました。それ以外にも貝やいらぶー(エラブウミヘビ)、養殖のクルマエビを載せたり。クルマエビの天然個体が沖縄には分布していないということもあまり知られていないと思います。沖縄の水産物について知りたいと思って開いたら必ず何かが書いてある図鑑、と思って活用していただけたら嬉しいですね。

 

カジキ類やマグロ類の写真は「ひれがきれいに開いていて、ロープなどの余計なものが写っていない全身写真は海外を含めてもあまりない」という


しもせ・たまき
1979年2月、山口県萩市生まれ。琉球大学理学部海洋自然科学科卒業、琉球大学大学院理工学研究科博士前期・後期課程修了。博士(理学)。水産研究・教育機構 水産資源研究所長崎庁舎勤務。これまでに、クロカジキ、クロマグロ、沖縄県内の沿岸魚類の生活史研究に関わってきた。著書に「Biology and Ecology of Bluefin Tuna」(CRC Press)「The Futures of Bluefin Tunas:Ecology,Fisheries Management,and Conservation」(Johns Hopkins University Press)「小学館の図鑑Z 日本魚類館」(小学館、いずれも分担執筆)。2017年度日本魚類学会奨励賞受賞。

【沖縄の釣りに必携!】沖縄県の釣魚・水産物がほぼすべて分かる南の島のさかな図鑑

■沖縄さかな図鑑 Commercial Fishes and Shellfishes of Okinawa
■下瀬環(しもせ・たまき)著
■オールカラー、734種掲載!
■A5判/207ページ

ご注文はこちらまで

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
電子パズル「数独」
電子パズル「数独」
毎週日曜日に新しい問題を出題します。有料会員向けサービス。ちょっとしたスキマ時間にスマホやパソコンで頭の体操してみませんか?
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
新春 TOP INTERVIEW 2022
新春 TOP INTERVIEW 2022
沖縄経済の第一線で活躍する企業・団体の経営者に、新たな年を迎えるにあたっての抱負や展望、変化の激しい時代を見据えた今後の事業展開、地域貢献への思いなどをうかがいました。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
NewsVideo
NewsVideo
ニュースをわかりやすく 新聞社の動画で比較
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄タイムスのイチオシ
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
お友達紹介キャンペーン!!
お友達紹介キャンペーン!!
沖縄タイムスをご紹介された方へ商品券5,000円を贈呈します。期間は12月1日~2022年2月28日まで。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
問題解決に向けた挑戦を沖縄タイムスの「広報力」で後押しするクラウドファンディングサービス。プロジェクト検索はこちらから。
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
おきなわ 伊平屋島オンラインフェア
「特産品」はもちろん、観光や歴史を堪能できる映像コンテンツをお届け。2月4日から。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄タイムス公式動画チャンネル
沖縄特有の動植物や、観光スポット、事件・事故、そして米軍基地問題まで、さまざまな情報を動画でお届けします。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?