鹿児島県・奄美大島で、絶滅の恐れがあるダイサギソウが群落地から大量になくなっているのが見つかり、掘り返された跡が確認された。奄美市は盗掘の疑いがあるとみている。7月に世界自然遺産に登録され、関係機関は警戒を強化しているが、貴重な植物の被害は後を絶たない。