岸田文雄首相は、衆院選の勝敗ラインを「与党で過半数(233議席)」とした。現有議席と比べると低めの設定で、自民、公明両党幹部も足並みをそろえる。数だけが強調され、勝敗ラインに達しなければ、首相の責任論に直結しかねないと警戒しているからだ。