沖縄タイムス+プラス ニュース

取材の中心は新型コロナ 感染者や家族のつらさ 支える人々の苦悩に迫る【報道の舞台裏#2】

2021年10月17日 09:19

[報道の舞台裏 秋の新聞週間](2)新型コロナ

感染した入所者の様子を共有していたホワイトボード。状況を細かく書き出し、少しの体調の変化も見通さないよう工夫していた=8月27日、沖縄本島内

 「新型コロナウイルス感染拡大の影響で…」。この書き出しで、記事を何本書いたか覚えていない。4月に社会部に異動して、取材は新型コロナに関するものが中心になった。県が発表する感染者数や死亡者数、クラスター(感染者集団)などを記事にまとめる日々。だが連日、紙面でコロナの情報を伝えても、実際の感染者や家族のつらさ、それを支える人々の苦悩を実感できていなかった。

 そんな中、60代以上の入所者11人が感染しクラスターが発生した老人ホームを取材した。県内で感染者が過去最多を更新し続けていた8月下旬。感染拡大による病床逼迫(ひっぱく)のため、本来なら入院すべき高齢の患者も施設で療養せざるを得ない状況だった。職員全員が濃厚接触者となったが、介護のために勤務を継続していた。

 「感染は怖い。だけど、私たちが入所者を見ないとどうなるのか」。職員の一人は、神経をすり減らしながら介護する率直な思いを語ってくれた。

 取材では、医師の指導の下で防護服を着用し、感染した入所者の部屋の前まで行った。医師の隣で、感染対策には十分気を付けていると理解していても「もし感染したら…」と思わず考えた。防護服は蒸し暑く、数分着用しただけでも汗でべったり皮膚に張り付いた。夏の暑さの中、防護服を着たままの長時間の介助がどれだけ大変か、身に染みて分かった。

 取材中、感染した入所者の容体が急変した。酸素投与が必要になり、医師が急いで家族に電話で事情を説明した。「昨日まで元気だったのに、なぜ」「家族はどうすればいいのか」。泣きながら医師と会話するやりとりが電話のスピーカーから流れ、職員は手を強く握り締めて見守っていた。

 取材を終え、無事に記事を書くことができた。医師や職員に掲載したことを伝えた際、感染した入所者1人が亡くなったと知らされた。病室の前を通った時に「おなかが空いた」との声を聞いた、あの患者だったかもしれない。そう思うと、胸が詰まった。

 取材を通し、新型コロナという病気の怖さや、あっという間に死につながってしまう人がいる現実を突き付けられた。

 県内での感染拡大は2年に及び、収束の兆しは見えない。「コロナとの共存」を余儀なくされる一方で、病に対する緊張感がなくなってはいないか。マスクのいらない日常に早く戻るためにも、感染対策の重要性を伝え続けていきたい。(社会部・玉城日向子)

(関連)新型コロナ 沖縄の今

沖縄県内の「新型コロナ」これまでの記事一覧

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
「琉球歴史文化の日」制定記念特集
「琉球歴史文化の日」制定記念特集
11月1日、この日を「琉球歴史文化の日」と定め、沖縄の歴史と文化への理解を深めると同時に、新たな歴史と文化を創造していくためのきっかけとしていきます。
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄球児の思い出づくりサポート 高校野球写真サイト
沖縄の高校球児たちの思い出づくりをお手伝いするために、県内大会の写真販売サイトを開設しました。※閲覧・購読は関係者のみ。パスワードが必要です。
よみがえれ首里城 火災から2年特設サイト
よみがえれ首里城 火災から2年特設サイト
首里城が火災で焼失して2年。復元事業の進捗や現状を特集で紹介する。
沖縄タイムスのイチオシ
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
沖縄タイムス社NIB講座実施のお申込みはこちら
新聞から得るジンブンはビジネスの最強ツール!新入社員研修やOFF-JTにNIB講座「新聞の読み方講座」はいかがですか?
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
沖縄タイムスのクラウドファンディング「Link-U」のプロジェクト一覧
問題解決に向けた挑戦を沖縄タイムスの「広報力」で後押しするクラウドファンディングサービス。プロジェクト検索はこちらから。
オンラインでまるごと久米島2021
オンラインでまるごと久米島2021
ふるさと元気応援企画第27弾 今年もオンラインで久米島の特産品を販売します! 12月1日から19日まで開催です。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
沖縄こども未来プロジェクト
沖縄こども未来プロジェクト
企業や個人のサポーターの皆様から頂いた支援金で、子どもたちの夢を後押ししています。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
沖縄タイムス会社案内デジタル版
沖縄タイムス会社案内デジタル版
最新の会社情報や仕事内容を紹介。社長や若手社員から就活生へのメッセージもあります。
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
問題解決型メディア・プラットフォーム「Link-U by OKINAWATIMES」
クラウドファンディングに加え、セミナー・コミュニティー事業を通じ、現状を変えようと挑むすべての「リーダー」たちを後押しします。
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
「お悔やみ速報沖縄 しまダビ」登場
お世話になった方との最後のお別れはお別れを大事にしたい・・・そんなあなたのアプリです。