沖縄地方は17日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響により、各地で気温が下がった。外出する人々も長袖姿が多く、秋の訪れを感じさせる陽気になった。

気温が下がり、街では長袖姿が目立った=17日午後、那覇市久茂地

 沖縄気象台によると同日午後8時までに、国頭村や渡嘉敷村など11市町村で今季最低を記録。最も気温が低かったのは国頭村奥で20・2度、前日との気温差はマイナス2・1度だった。

 今季最低を記録した各地の最低気温は、渡嘉敷島が20・5度、南城市が20・9度、久米島が21・8度で、前日比で2~3度ほど気温が下がった。那覇市は23・6度で前日に比べ1・4度低かった。

 沖縄地方の向こう1週間の天気は、引き続き寒気の影響で曇りや雨の天気となる見込み。