15安打で12点を奪った前原が北山を12-2の五回コールドで下し、半世紀ぶりの九州切符をつかみ取った。 初戦から準々決勝までの4試合全てでコールド勝ちしたチームは、この日も序盤から北山の投手を攻め立てた。0-0の一回裏2死二塁、「前日の準々決勝で失策し、チームに迷惑をかけた。