サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は17日、韓国の全州で東地区の準々決勝2試合が行われ、名古屋は浦項(韓国)に0-3で完敗した。日本勢は全チームが敗退した。蔚山は全北との韓国勢対決を延長の末に3-2で制し、20日の準決勝で浦項と対戦することになった。