沖縄タイムス社(武富和彦社長)は18日、東京五輪のレスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級で銅メダルを獲得した屋比久翔平選手(26)=浦添工高―日体大出、ALSOK=に、沖縄タイムス国際栄誉賞を贈呈した。

沖縄タイムス国際栄誉賞を受賞し記念撮影に納まる屋比久翔平選手(左から二人目)と、武富和彦社長(同三人目)ら=18日、那覇市久茂地の沖縄タイムス社

 屋比久選手は受賞を喜び「次のパリ五輪に向けて進んでいる。最大の目標である金メダルに挑戦し、獲得できるよう頑張っていく」と決意を込めた。

 武富社長は「県民の夢だった五輪のメダルを持ち帰ってくれて、本当に喜んでいる。努力したら夢がかなうことを、五輪で実現してくれた」とたたえた。

 同賞はプロ・アマを問わず、国際レベルの大会やコンクールなどで活躍し、高い評価を受けた個人・団体をたたえる。東京五輪を機に本年度、創設した。

 これまでに空手金メダルの喜友名諒選手(劉衛流龍鳳会)、野球金メダルの平良海馬投手(西武)、パラリンピック車いす陸上銅メダルの上与那原寛和選手(SMBC日興証券)へ贈呈している。