沖縄県の玉城デニー知事は18日、東京五輪のレスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級で銅メダルを獲得した屋比久翔平選手(26)=浦添工高―日体大出、ALSOK=に、県民栄誉賞を授与した。

屋比久翔平選手(左)に県民栄誉賞を授与する沖縄県の玉城デニー知事=18日、県庁

 知事は屋比久選手の銅メダル獲得に「沖縄全体が大きな喜びと感動に沸いた。県民に夢と希望、元気を与えてもらった」と活躍をたたえた。

 屋比久選手は「新型コロナウイルスの感染拡大でオリンピックが1年延期になったことで、精神的につらい時期もあった。メダル獲得で、周りの方から元気をもらったということを聞いて、頑張ってよかったと思う」と喜んだ。

 次回大会の2024年のパリ五輪へ向け「世界のてっぺんを取りたい。金メダルをとって、皆さまに報告ができるように頑張りたい」と意欲を示した。