沖縄県の石垣島と西表島の間にある国内最大規模のサンゴ礁「石西礁湖」の約7割が死滅した問題で、主要サンゴ11種のうち10種の白化率が昨年9月時点で98%超だったことが19日、分かった。サンゴは種属によって白化・死亡率が異なるが、2007年の大規模白化で比較的無事だった種にも甚大な被害を確認。