政治への若者の関心を高める鍵の一つが、学校の主権者教育だ。文部科学省は、18歳になった高校生に放課後や休日に校外での選挙運動も認めるが、足かせとなっているのは「政治的中立性」。