小笠原諸島の海底火山噴火の影響で漂着したとみられる軽石が、漁業に影響を及ぼしている。沖縄本島北部の複数の漁港には、19日までに大量の軽石が流れ込んだ。軽石混じりの海水を船が吸い上げてしまうと、エンジントラブルを起こす可能性があるため、国頭漁協は船を使う組合員らに出港を控えるよう呼び掛けている。

 国頭村の辺土名漁港には16日ごろから軽石が流れ込んだという。港の形状から、軽石...