石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画の賛否を問う住民投票を巡り、市民3人が投票することができる地位にあることを確認する訴訟の第1回弁論が19日、那覇地裁(福渡裕貴裁判長)であった。原告1人が意見陳述し「実施を怠る市長は1万4263筆の署名をないがしろにしている」と指摘。