沖縄県南風原町宮平の工事現場で磁気探査中に見つかった米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が21日午後2時から現地である。

不発弾処理 南風原町宮平

 処理現場から半径88メートル以内が避難区域となり、避難対象は70世帯197人。避難施設は同町の大名公民館で現地対策本部は南風原バイパス桁下敷地内。

 避難時間は午後1時半から処理完了予定の同3時まで。周辺道路は午後1時50分~同3時ごろまで交通規制される予定。