低気圧や上空の寒気の影響で、20日は北日本と東日本の日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は暴風や高波に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁の庁舎

 気象庁によると、低気圧が発達し、東北を通過するほか、北日本と東日本の上空約5500メートルに氷点下24度以下の寒気が流れ込む見込み。風が強まり、海は大しけになる所がある。落雷や局地的な激しい雨、降ひょうにも注意が必要だ。

 20日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北、北陸25メートル(35メートル)、北海道23メートル(35メートル)。波の高さは東北、北陸6メートル、北海道5メートルとしている。(共同通信)