メルケル首相の後任を決めるドイツの総選挙では、気候変動対策が最大の争点の一つだった。日本の総選挙では、この対策の在り方が大きな争点になっていないように見えるが、国の将来を左右する重要な課題である。