「もう少し飲んでいこうか?」  スナックのカウンター席で航平(こうへい)が訊(き)くと、隣に座った妻の明香里(あかり)が「そうだね」としかたなさそうに頷(うなず)いた。  航平はカウンターの中にいるママに視線を戻して口を開いた。