[リポート’21 浦添市発] 路線バスの公共性とタクシーの利便性を併せ持つ、浦添市のコミュニティバスうらちゃんmini(ミニ)の1年間の実証実験が月末に終了する。市は年度内は運行を続ける方針だ。利用者の評判は上々だが、9月までの1カ月当たりの利用者は平均約5千人で採算ラインの2万千人に届かない。