31日投開票の衆院選で、野党候補を支持する「オール沖縄代表を支援する医師有志の会」が20日、県庁で会見し、政権交代や名護市辺野古の新基地建設中止などを訴える声明を出した。  同会は、辺野古などを巡るこれまでの政府の対応を批判。