20日午後6時半ごろ、米軍普天間飛行場所属のCH53大型輸送ヘリコプターが粟国空港に緊急着陸した。防衛省や県などによると、原因は操縦系統のトラブルで、整備要員を乗せた別のCH53ヘリが同空港へ向かった。21日朝までは同空港に残る見通し。沖縄防衛局から連絡を受けた高良修一粟国村長は、電話で同局に抗議した。防衛局は米側に安全管理の徹底を申し入れた。県も情報収集に当たっている。

20日夜に粟国空港へ緊急着陸した米軍普天間飛行場のCH53大型輸送ヘリコプター=21日午前6時50分(読者提供)

CH53大型輸送ヘリコプターが所属する米軍普天間飛行場

20日夜に粟国空港へ緊急着陸した米軍普天間飛行場のCH53大型輸送ヘリコプター=21日午前6時50分(読者提供) CH53大型輸送ヘリコプターが所属する米軍普天間飛行場

 粟国空港へ出向き、機体を確認した高良村長は「村民の安全が懸念される事態だ。空港をいつでも使っていい、という取り決めを交わしたわけでもない。厳重に抗議したい」と語った。

 高良村長らによると、機体は空港北側に緊急着陸。夜間ではっきりしないが機体に損傷は見られず、異臭などもない。米兵2人が機内におり、けがなどはない様子。同村には米軍機の飛来もほとんどないという。

 普天間所属機は6~7月、うるま市津堅島や宮崎県串間市にヘリが相次いで不時着している。