世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)統一王者の井上尚弥(大橋)の次戦は12月に国内で行われる見通しとなった。所属ジムの大橋秀行会長が19日、明らかにした。  大橋会長は今後のプランについて「来年4月には国内でビッグマッチを考えている」と述べた。