新型コロナウイルス感染症の流行「第5波」が広がっていた今年7月、14道県で死者数が過去の水準を超えていたことが20日、国立感染症研究所の分析で分かった。担当した鈴木基感染症疫学センター長は「コロナの流行が一因で、特に多いところは医療逼迫(ひっぱく)が影響した可能性が考えられる」と指摘している。