玉城千春さんが夢をかなえてきた自身のストーリーを、歌を織り交ぜながら紹介する特別授業には企画の趣旨に賛同した36の企業・法人が「未来づくりパートナー」として協賛している。未来づくりパートナーの活動を紹介していく。

「町の自習室」でボランティア大学生の学習支援を受け、中高生たちは自分のペースで学び食事する=6月28日、那覇市・首里城下町クリニック

夜間開放 学びの場提供

首里城下町クリニック(那覇市、田名毅理事長)

 今年20周年を迎え、内科クリニックとして地域に根差した専門医療の提供を心掛けている。

 開院以来、毎月開催している「地域向け医療講演会」は200回を超えた。健康管理の在り方や在宅医療など、有用な医療情報を発信。コロナ禍では、Youtube配信に積極的に取り組む。

 2019年9月から週2回、夜間のクリニックを開放し、中高生のため「町の自習室」として学びの場を提供している。20年に、SDGsを念頭に置いた運営理念を作成。今後も地域のニーズを把握し、地域に寄り添った活動を実施する。