公共交通の利便性向上を目的に、名護市は9月15日から市街地周辺を走る「コミュニティバス」の実証実験を行っている。これまで、移動のニーズが高い大型スーパーや商業施設がある国道58号沿線を運行するバス路線がないことなどが課題だったという。