再生可能エネルギーの一つとして注目されているバイオガス。県内では、下水処理の過程で生まれるガスを活用した発電事業の普及も進む。電気を販売して商業化することで、持続的なエコ活動にもつなげている。 近年のバイオガス発電は、2016年に具志川浄化センター、宜野湾浄化センターでそれぞれスタートした。