日本サッカー協会の須原清貴専務理事は21日、理事会後のオンライン記者会見で、国際サッカー連盟(FIFA)のワールドカップ(W杯)隔年開催案について議論と情報収集を進める方針を示した。FIFAは12月20日に同案について討議する会合を開く。  国際試合日の大幅な変更も検討されている。