体操の世界選手権は22日、男子個人総合決勝が行われ、橋本大輝(順大)は合計87・964点で2位だった。(共同通信)