第45回沖縄の産業まつり(主催・同実行委員会)が23、24の両日開かれる。昨年に続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため、那覇市の県民広場やパレットくもじ前広場などに会場を分散し、まつりのポータルサイトでの製品紹介と合わせて開催。「県産品使って贈って笑顔の輪」をテーマに、ポータルサイト145、リアル(対面)会場73の計218事業者が出展する。リアル会場は午前10時から午後6時まで。

 沖縄の産業まつりのポータルサイトはこちらから。

 実行委会長を務める県工業連合会の古波津昇会長らが22日、県庁で記者会見し「年々洗練されている県産品に触れる機会としてほしい」と来場を呼び掛けた。

 パレットくもじ前広場では、県商工会連合会が第24回商工会特産品フェア「ありんくりん市」を開く。ミルクハンドクリームやアグーを使用した肉ギョーザを販売するなど、...