サンゴの移植に詳しい東京経済大学の大久保奈弥准教授(生物学)が22日、沖縄県名護市内で講演し、名護市辺野古の新基地建設に伴い、沖縄防衛局が進めているサンゴ移植の問題点を指摘した。「環境監視等委員会の研究者の発言は科学的根拠に欠けており、防衛省にお墨付きを与えるだけの存在になっている」と批判した。

 大久保さんは、国の環境監視委の研究者2人は...