岸田文雄首相は23日、東京都内で開かれた日米関係に関する国際会議にビデオメッセージを寄せ、日米同盟の強化に意欲を示した。「バイデン米大統領と共に、自由で開かれたインド太平洋の具体化を戦略的に推進し、日米同盟をさらなる高みに引き上げていく」と述べた。

 同時に、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮や、中国海警局船による沖縄県・尖閣諸島周辺への領海侵入などを念頭に「岸田内閣では、同盟を基軸として毅然とした外交を展開していく」と強調した。

 自民党の甘利明幹事長はビデオメッセージで、防衛技術の国外流出を防ぐため「特許の非公開制度をつくらないとならない」と指摘した。(共同通信)